auひかりぷらら【一番得する契約方法とは】

auひかりで最高峰に得するプロバイダを見つける

auひかりのプロバイダは何を選んだらいいのか多すぎて迷ってしまっている人は多いのではないでしょうか。

auひかりで使えるプロバイダは山ほどあります。どこのプロバイダを選んでも光回線自体はauひかりを使っているので全く同じで、基本プランもさほど違いはありません。

光回線は同じといっても、プロバイダ選びを間違えるとキャッシュバック金額が違っていたり、キャンペーンが違っていたりするので、プロバイダ選びは慎重に行いましょう。

当サイトでは、過去に光回線の営業マンとしてトップの成績だったこともある私が、auひかりで本当に得するプロバイダはどこなのかを検証していきたいと思います。

すべての面から総合的に得するプロバイダを選ぶには

そもそもプロバイダというのは、エンドユーザーの個人宅とネット回線をつなぐ仲介業者のようなものです。光回線であるauひかりを使うには、プロバイダなくして成り立ちません。

auひかりで使えるプロバイダは次の会社があります。

GMOとくとくBB、So-net、BIGLOBE、DTI、auone、ASAHIネット

プロバイダはキャッシュバックキャンペーンの金額が違っていたり、オプションのありなしが違っていたりいろいろな違いがあります。

得するプロバイダを選ぶためには、以下の3つのポイントが大切になってきます。

1,キャッシュバックの総額と振り込まれるまでのタイミング

2,理論値ではなくて実測値での回線スピード

3,キャッシュバックにオプションがいるかいらないか

上の3つの選び方のコツを解説していきたいと思います。

ポイント1 確実に受け取れるかどうか

プロバイダを選ぶときにとにかく大切なのは、キャッシュバックでもらえる総額と、受け取りやすいかどうかです。

プロバイダのキャッシュバック金額は大きく違いがあって、1万円、2万円違うなんていうことはざらにあります。

キャッシュバックがまったくもらえないプロバイダもありますし、5万円以上のキャッシュバックをしているところもあります。

どのプロバイダ業者と契約したとしても、auひかり自体の回線は全く同じなので、基本的なプランは変わりません。

以上のようなことから、auひかりの契約を検討している人は、高額なキャッシュバックに惹かれないで、確実にもらえるところを選ぶのが肝心です。

ポイント2 回線がどれだけ高速で安定しているか

回線の速度が実測値としてどれくらいでるのかも確認しておきましょう。auひかり自体の最高速度は1Gbpsとなっていますが、理論値ですので実際にこの数字がでるわけではありません。

一ついっておくと、auひかり自体は光回線でめちゃくちゃ早いので、プロバイダが遅いところだったとしても、使えないくらいの遅さになることはあり得ませんのでご安心ください。

ですが、できる限り高速で安定しているプロバイダを選びたいのは山々ですよね。

ポイント3 セキュリティオプションの充実度

3つめに着目するべきポイントとしてはセキュリティが厳重になっているかどうかです。

安心度の高いインターネット環境をそろえるためには、セキュリティが必須になってきます。ハッキングやウイルス対策をしていないと、クレカや個人情報などが漏れてしまうこともあります。

それぞれのプロバイダのウイルス対策サービスがどれくらいで使えるのか前もって確認してから使うようにしましょう。

厳選に厳選を重ねた超絶お得なプロバイダ

ここからは、具体的にプロバイダ各社を比較していきたいと思います。

auひかりのプロバイダを一覧表にしたのでご覧ください。

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額:61,000円 受取時期:11ヶ月後 平均速度:516.02Mbps

★ソネット

キャッシュバック額:55,000円 受取時期:翌月 平均速度:395.14Mbps

★BIGLOBE

キャッシュバック額:50,000円 受取時期:11ヶ月後 平均速度:385.45Mbps

★au one net

キャッシュバック額:10,000円 受取時期:4ヶ月後 平均速度:395.14Mbps

★@nifty

キャッシュバック額:30,000円 受取時期:23ヶ月後 平均速度:358.74Mbps

★DTI

キャッシュバック額:38,000円 受取時期:14ヶ月 平均速度:485.29Mbps

とくにおすすめの最強のプロバイダは間違いなく「GMOとくとくBB」ですね。

GMOとくとくBBが一番おすすめ!

GMOとくとくBBはプロバイダ業者として20年以上の実績を持っている、東証一部上場企業です。

GMOとくとくBBの魅力はなんといってもそのキャッシュバック金額ではないでしょうか。ですが、キャッシュバックの受け取り方に特徴があります。

キャッシュバック案内メールが11ヶ月後と23ヶ月後に送られてきますが、そのメールに1ヶ月いないに返信しないとキャッシュバックを受け取ることができません。

キャッシュバックをたくさん受け取りたいという人には特におすすめのプロバイダが、GMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは数あるauひかりのプロバイダの中でもとくに優秀な回線スピードを誇っています。

GMOとくとくBBの回線速度は約500Mpbsくらいとなっています。他社のプロバイダと比較しても圧倒的な回線速度を維持しています。

マイナーなプロバイダはおすすめじゃない

GMOとくとくBB以外のauひかりのプロバイダはあまりおすすめできませんが、具体的に検証していきましょう。

au one net

このプロバイダはauの名のつくとおりKDDIが運営しています。

そもそもauoneもKDDIが運営していますが、auひかりもKDDIがやっています。

KDDIがどちらも運営しているので、キャッシュバックなどが高そうにも思えますが、全くそんなことはなく1万円しかありません。

なぜキャッシュバックなどが充実していないかというと、ほかの業者にauひかりを広めてほしいというKDDIの意図があるからなんです。

auoneからのキャッシュバック金額を減らすことにより、競合他社がプロバイダを売りやすくなるということです。

BIGLOBE

BIGLOBEはもともと電機メーカーのNECが運営を始めたもので、今現在は独立している企業になります。

BIGLOBEのキャッシュバックですが、最高額で5万円となっています。

ですが、BIGLOBEはセキュリティオプションサービスなどがあまり満足いかないのでおすすめできません。

キャッシュバック金額が5万円以上あって、回線速度も安定していて、オプションなども充実しているGMOのほうがおすすめです。

DTI

このプロバイダは東京電力の孫会社、ドリームトレインが運営しています。

遠隔操作でのサポートがあるという利点があります。

こちらのプロバイダはキャッシュバックが3万円以上ありますが、実際に受け取りまでに1年以上もかかるのでおすすめできません。

auひかりの申し込み方法とは

ここまではauひかりのプロバイダの比較をしてきましたが、申し込み手順を解説していきたいと思います。

何年も使い続ける光回線を契約するのですから、できるかぎり回線速度が早くて、特典も豊富なところを選びましょう。一番はやはり「GMOとくとくBB」ですね。

ここからは、GMOとくとくBBからauひかりを契約するときの流れを解説していきたいと思います。

手順1 サイトから申し込み

GMOとくとくBBのサイトを開きます。

ページ右上にあるエリア検索ボタンをクリックして手続き画面を開きます。

手順2 住所や名前を入力する

手続きページを開くと、個人情報を入力する画面に移動します。

手順3 折り返しの電話をまつ

すべての情報を入力したら、申し込みフォームを送信します。

申し込みが完了すると1週間くらいでauひかり側から工事日程の電話が折り返しかかってきます。

auひかりの工事日程のスケジュールを合わせましょう。

手順4 光回線が開通

光回線の工事が完了してようやくネットができるようになります。

auひかりのプロバイダに関する質問まとめ

auひかりのプロバイダの具体的な質問一覧です。

質問1 auひかりのプロバイダだけを切り替えられる?

auひかりはプロバイダだけを乗り換えることはできないようになっています。

auひかりはすこし特殊になっていて、プロバイダと回線がセットになっているので、回線自体を解約する必要があります。

プロバイダを変更したい人は、auひかりの回線を解約し直しましょう。

質問2 auひかりの解約金はいくらか

auひかりの解約金や違約金は次のようになっています。

どのプランを契約しているかによっても違いがありますが、だいたい1万円から1万5千円の間となっています。

この解約金はどこのプロバイダ経由で契約していたとしても同じ料金となります。

質問3 自分の使っているプロバイダを確認する方法

自分のプロバイダをチェックするには、マイページにアクセスしましょう。

マイページのアクセス方法がわからないときは、月額料金の引き落とし明細などに書かれていることもあります。

auひかりで最もお得な申し込み方法とは?

最近話題のauひかりのキャンペーンで、どこの窓口が一番お得になるのか迷っている人は多いのではないでしょうか。

auひかりのプロバイダは星の数ほどありますが、回線速度や安定性、キャッシュバックキャンペーン、オプションの豊富さ、受け取りやすさ、すべての観点から一番すばらしかったのが「GMOとくとくBB」です。

auひかりのプロバイダではダントツで「GMOとくとくBB」!

auひかりの具体的なキャンペーン内容については詳しく解説していきたいと思いますが、結論から言ってしまうと、一番優秀なプロバイダはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBならauひかりのキャンペーンに加えて、次のような特典を実施しています。

1,61000円のキャッシュバックが現金でもらえる!

2,ひかり電話が3年間も無料になる!

3,高額なWi-Fiルーターがもらえる!

auひかりの代理店やプロバイダを比較!

auひかりのキャンペーンを現時点で実施しているプロバイダでキャンペーン内容を比較してみたところ、GMOとくとくBBが最強でしたね!

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額 戸建:61,000円 マンション:51,000円 受取時期:11ヶ月後

必要なオプション:光電話のみ(最大36カ月無料)

★NEXT

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

★NNコミュニケーションズ

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

この表から、auひかりを契約するのであれば、申込窓口は「GMOとくとくBB」が一番おすすめだと断言できます。

実際にauひかりを契約するときに受け取ることができるものには、次のようなものがあります。

実際に適用してもらえるキャンペーンには、auひかりが公式にやっているものと、代理店やプロバイダが独自にやっている2パターンが存在しています。

そもそもとして、プロバイダというのは、回線業者と消費者の間に立ち、仲介的な役割をしている業者のことです。プロバイダがなければ光回線に接続することはできません。

プロバイダから契約したときでも、auの公式特典をもらうことができるので、ダブルで特典を手に入れることができます。

次からは代理店やプロバイダの独自特典や公式特典の違いなどをチェックしていきましょう!

auひかりの公式特典について

auひかりは、auの名がつくとおりKDDIが運営しているプロバイダ一体型の回線サービスです。

携帯会社がauであれば、数ある光回線業者の中でもauひかりが一番割引で使えるでしょう。

auひかりの詳細は以下のようになっています。

通信速度 最大1Gbps 関東は10gbpsのエリアもあり

提供エリア 全国 静岡愛知岐阜三重大阪京都などは対象外

月額料金 戸建て:5,610円 マンション:4,180円

電話オプション 550円/月

スマホセット割 スマートバリュー 1回線1,100円割引×家族の人数

事務手数料 3,300円

工事費用 実質0円

契約期間 3年と2年の2種類

解約金 3年契約の場合は16,500円 2年契約の場合は10,450円

キャンペーン 実質工事費無料

auひかりが公式キャンペーンとしてやっているものにはいくつかあって、なおかつすべてのキャンペーンを同時に適用することができます。具体的に一つ一つ解説していきたいと思います。

公式キャンペーン1 乗り換え時の違約金などを負担

auひかりでは乗り換えキャンペーンとして、競合他社からauひかりに乗り換えるときに、解約金などをauひかりが代わりに払ってくれるサービスをやっています。

競合他社からの解約金を負担してもらうためには、auひかりから送付されてきた、乗り換えスタートサポートの申請書を返送する必要があります。

返送すると申請を受け付けてから1ヶ月後くらいにauPAYにチャージしてもらえます。現金では負担してもらえませんのでご注意ください。

auPAYというサービスは加盟店でショッピングができるサービスとなっています。

スマホからauPAYを使うのは基本ですが、スマホがなくてもプリペイドカードから支払いを行うこともできます。

この乗り換えキャンペーンの解約金を負担してもらうためには、以下のような条件があります。

他社の固定ネット環境、モバイルルーターからの乗り換えはキャンペーン対象外です。

ずっとギガ得プランとひかり電話に入って、3年以上使うこと。

他社の違約金を負担してもらうためには、ひかり電話とずっとギガ得プランに入らなければなりません。

公式キャンペーン2 工事費が無料になる!

auひかりの初期費用というのは工事費用のことですが、auひかりはインターネット回線とひかり電話を同時並列的に契約することにより工事費用を無料にするキャンペーンを執り行っています。

auひかりの工事費用は、戸建ての場合は約4万円くらいかかりますが、これが無料になるということです。

工事費用が分割になり毎月の月額から請求されますが、それが0円になるということです。

このキャンペーンを適用すると、工事費用が分割払いで始まるので、途中で解約したとしてもメリットはたくさんありますね。

auひかりの光回線を契約期間満了することにより、工事費用を0円にすることができます。

公式キャンペーン3 auユーザーにはすごいお得!

auひかりはauのスマホを使っているお客さんがネット回線とひかり電話を同時に契約することにより、auの携帯1個あたり平均750円くらい割引になる制度があります。

auの契約プランに応じて割引金額は変動しますが、家族全員でauスマホを契約している場合は、家族全員分の携帯電話がずっと割引されます。

上記のように、auひかりは競合他社がひしめき合っている光回線業者でもすばらしいキャンペーンを実施しているのでauを使っている人は圧倒的におすすめといえるでしょう!

公式キャンペーン4 高速プランが割り引き

ずっとギガ得プランへ申し込みをすることにより、10ギガなどの高速通信ができるプランが約500円割引されるというキャンペーンが実施されています。

このキャンペーンを適用するためには、ホーム10ギガか5ギガを申し込まなければなりません。

とはいうものの、このホーム10ギガと5ギガのプランは関東4都県のみしか提供されていないので、適用条件に当てはまる人は限られているというのが現状です。

auひかりのプロバイダが独自にやっている特典とは

auひかりのプロバイダや代理店では公式サイトとはまた別にダブルでキャンペーンをやっているので、それだけ得することができるのです。

プロバイダ各社がやっている独自特典は、プロバイダによってかなり開きがあるので、選び方によっては何万円も得したり損したりということがざらにあります。

独自特典には、高額キャッシュバックやルーター端末無料プレゼントなどがあるので、一つ一つ見ていきましょう!

独自キャンペーン1 キャッシュバックがすごい!

数あるキャンペーンの中で特に魅力的なものとして現金のキャッシュバックがありますね。

プロバイダや代理店の多くは、公式サイトを圧倒的に上回るような高額なキャッシュバックをしています。

当サイトで最高峰のプロバイダとしておすすめしている「GMOとくとくBB」の場合だったら、マンションは5万円、戸建ては6万円という業界トップクラスのキャッシュバックキャンペーンをやっています。

独自キャンペーン2 Wi-Fi端末がもらえる!

自分の家でインターネットを楽しむために必要なのがWi-Fiルーターの端末になります。

Wi-Fiルーターを無料で提供、もしくはレンタルをしてくれるプロバイダがあります。

たとえばGMOとくとくBBだったら、高機能なWi-Fiルーターを1台無料でもらえます。レンタルとかではなくてもらうことができます。

端末自体をレンタルではなくて無料でもらえるのですから、これほど便利なことはないですよね。

粗悪な申し込み窓口を避ける方法とは

プロバイダや代理店を見ていると、10万円くらいのキャッシュバックキャンペーンをやっていたりするところもあります。

しかし、一見するとすごい得しそうな金額には裏があるのです。

裏のあるキャンペーンを見極めるための注意点について解説しているので、ぜひご覧ください。

注意点1 オプションが必須となっている

キャッシュバックの条件にオプションが必要と書いてある場合は注意が必要です。

キャッシュバック金額がいくら高額だったとしても、自分が使わないようなオプションをつけてしまったら元も子もありませんよね。

キャッシュバックを適用してもらうためには絶対条件のオプションの中には毎月3000円くらいかかるものとかもあって、キャッシュバックは受け取ったのはいいものの、オプション代ですぐ上回ってしまったなんてことにもなりかねません。

上記のパターンは家電量販店でのキャッシュバックによくありがちなので、おすすめしません。

ちなみに、ひかり電話への加入はスマートバリューを適用してもらうために必要なので、ひかり電話の加入だけがオプションになっていれば一石二鳥ですね。

注意点2 受取期間が先に設定されている

キャッシュバック申請を忘れさせるのが目的かのようなプロバイダや代理店はやめておきましょう。

お客さんの申請し忘れを狙っているパターンというのは、そもそもキャッシュバックの申請ができるのが1年後で、さらにそこから振り込まれるまで1年かかるみたいなところです。

光回線の本契約からキャンペーンの申請まで自動的にあちら側でやってくれるのではなくて、自分から自発的にやらなければならないので、受け取り忘れがどうしても多くなってしまいます。

上記のような、申請や受け取りまでにものすごく時間がかかるときは、注意しましょう。

注意点3 知り合い紹介が必須だったりする

現実的に不可能な条件をつけているようなプロバイダなどは注意しましょう。

一例としては、自分が回線契約をした後に、誰かしらを契約までこぎつかせなければキャンペーンを受け取れないというようなパターンです。

そもそも回線というのに自宅に一つしか備え付けられないものなので、光回線を導入していない家庭のひとをみつけるのは至難の業でしょう。

こういったパターンの現実味が薄い条件のキャンペーンに申し込んだときは、結局いくらも受け取れないということになります。

上記のようなことから、現実味があるキャンペーンを選ぶようにしましょう。

注意点4 基本料金が割高になっている

キャッシュバックがたくさんもらえる代わりに、総合的な支払額が多くなってしまうというパターンもあります。

よくあるパターンとしては、工事費用が実費の代わりにキャッシュバックが高額になっているというものがあります。

auの場合は初期費用が無料になっているので、工事費も無料になりますが、窓口によっては工事費の代わりにキャッシュバックを高額にして満足感を与えるような印象操作をしているところもあります。

代理店やプロバイダなどによって月額料金が変動するので、すべてを踏まえた上で、どこが本当にお得になるのか比較検討しましょう。

一番特なのはやっぱり「GMOとくとくBB」!

ここからは、当サイト上部で解説してきた、キャッシュバックキャンペーンに優秀なプロバイダをさらに比較して最もお得なところを見つけていきたいと思います。

結論からいうと、auひかりで一番最強クラスにお得な窓口は「GMOとくとくBB」となります。

もっとも得するauひかりの窓口を比較するためには以下のようなポイントがあります。

キャッシュバックの総額が高いこと、オプションなしでキャッシュバックを受け取れること、確実に振り込まれることなど。

ちなみに、次の一覧表以外にも申し込みができる場所はいくらでもありますが、キャッシュバックが数万円以下のところは含めていません。

なお、auひかりでスマホセット割りをしてもらうためには、光電話への加入が必須になっているので、そういうのも含めて比較しています。

なお、格安スマホを使っている人は、auひかりのスマホセット割引を受けられませんが、光電話を契約した方が全体的にお得になるのでおすすめです。

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額 戸建:61,000円 マンション:51,000円 受取時期:11ヶ月後

必要なオプション:光電話のみ(最大36カ月無料)

★NEXT

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

★NNコミュニケーションズ

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

GMOとくとくBBなら、キャッシュバックの金額が高額な上に、光電話が戸建てで3年間無料、マンションで2年間無料なので非常にお得です。

auユーザーのお客さんであればさらにお得になります!

GMOとくとくBBはキャッシュバックが手厚い!

GMOとくとくBBは東証一部のGMOインターネットが経営しているプロバイダで、auひかりの数あるプロバイダの中でも圧倒的なお得さを誇っています。

GMOとくとくBBなら、auひかりのプロバイダの中でダントツで最高峰のキャッシュバックがもらえて、さらに高性能な市場価格で1,2万円くらいのWi-Fiルーター端末までもらえます。

auのユーザーが使える、スマホセット割り「スマートバリュー」に必要なオプションである、光電話を無料で付け加えてくれるので、かなりお得といえるでしょう。

GMOとくとくBBの具体的なキャッシュバックは次のようになっています。

1,GMOとくとくBBを申し込むときに専用アドレスをもらいます。

2,回線が開通してから11ヶ月目と23ヶ月目に上記で作った専用アドレスに案内のメールが送られてきます。

3,必要なことを入力してから返信すると翌月の末日には振り込んでもらえます。

auひかりのキャンペーンの疑問点

auひかりのキャンペーンについての疑問や質問などについて解説しています。

1,オプションにも適用できるキャンペーンはあるかどうか

auひかりのテレビオプションにオールジャンルパックなどがありますが、新規加入することにより2ヶ月間無料になるというキャンペーンがあります。

好きなチャンネルなどをパッケージ化したジャンルパックというのは映画やアニメやスポーツなどがあります。

自分が好きな動画だけを詰め込むことができて毎月1600円で使えます。

また他にも、すべてのチャンネルを見ることができる、オールジャンルパックと呼ばれるプランは毎月2700円くらいです。

2,10ギガプランや5ギガプランなどの対象エリアとは

10ギガや5ギガなどのauひかりの高速通信が可能なプランは、関東4県のみが提供エリアとなっています。

auひかりはフレッツ光とは違って独自の回線を使っているので、超高速プランでなくても快適なインターネットライフを送れると思います。

auひかりのプロバイダは自分で納得してから申し込もう!

ここまでauひかりの特典やメリットデメリットなどについて徹底的に解説してきました。

キャッシュバックキャンペーンや割引キャンペーンなどは、auが公式でやっているものと、プロバイダが独自でやっているものがあります。

また他にも、公式でやっているキャンペーンはプロバイダ独自のものと同時並列的に活用できるので、プロバイダから申し込んだ方が圧倒的にお得になります。

実施中のキャンペーンを比較してみたところ、GMOとくとくBBというプロバイダが一番お得です!

GMOとくとくBBなら次のようなキャンペーンを受け取ることができます。

1,最高額で6万1千円のキャッシュバック

2,月額550円のひかり電話が2年以上無料になる!

3,高級で高性能なルーターがが無料でもらえる!

一度にこれだけ大量のキャンペーンが適用してもらえるプロバイダは他にないくらいお得です。

GMOとくとくBBでとくにメリットとして大きいのは、高額なキャッシュバックと回線の安定性や口コミの高評価さだと思います。

また、公式特典として次のような特典も同時に適用してもらえます。

1,他社からauひかりに乗り換えると解約金がもらえる

2,光回線の工事費用が3,4万円が無料!

3,スマートバリューがとってもお得!

これらのように、プロバイダの独自キャンペーンと、auの公式キャンペーンを併用することにより、ダブルでお得にauひかりを使えます。